2015年にデビューしたフィットです。赤のカラーが鮮やかで美しいですが、自分で乗るにはちょっと派手すぎて気が引けますね。

この世代のフィットは後ろ姿もすばらしいです。

こんな古典的なセダンを日本で乗っちゃうとちょっとおじさん臭くなっちゃいます。

ただし、アメリカ人が乗ると、かっこよくなりますから不思議です。

アコードはアメリカでよく見かけるホンダ車のひとつですね。

アメリカ人は燃費なんて気にするのかと思いましたが、意外にもハイブリッドエンジンは人気があります。ガソリンが安いので燃料費なんか気にならないかと思いましたが、よく考えると、アメリカ大陸では走行距離も増えます。

86のような典型的なスポーツスペシャリティカーも人気モデルのひとつ。走行距離が多くなるとこういった走りがいのある車種に乗ってみたくなります。

これはカローラの派生モデルでしょうか。アメリカでは別ブランド、サイオンから販売されていますね。若者向けの販売チャネルですね。日本ではネッツのようなイメージでしょうか。ラインアップは全然違います。

こうやって見てみるとアメリカで日本車が売れるのも少しわかります。

フォルクスワーゲンゴルフはベンチマーク

自動車旅行ブログ、たまには更新

レクサス乗るならUXから買ってみたい

フォルクスワーゲン弱点

アルファードとヴェルファイアの違い

スバルXVのハイブリッドが出ました~

シビックは昔乗ってました

マツダロードスターも魅力的です

GT-Rでそば屋に行ってみました

コペンの電動ルーフ開閉を無意味に触ってしまう

スズキアルトでいつも通勤してます

ホンダNSXとGT-Rならどっちが買いか

ホンダのオデッセイはミニバンなのによく走る

車ネタの修理情報

トヨタRAV4が日本発売されます